このエントリーをはてなブックマークに追加
生命の保障とがん保険

生命とがん保険

生命の保障とがん保険
今の時代、二人に一人がなるといわれるがん。
生命保険でもがん保険はかならず必要になりました。
若い方でもがんはとても多いです。
自分はまだ大丈夫と思われている方。
なかなか相談できる相手がいない方。
この記事を読む事で少しでも関心を持っていただけると幸いです。
財産があるから保険はいらないわ…なんて考えている方はごく一部でしょう。
小さなお子さんを抱えているおとうさんは生命保険が必要でしょう。
それでもがんにならないとは限りません。
毎月10万円を越えるというほどの治療費をどうやったら工面出来るでしょうか・中には治療をあきらめる方もおられるかもしれません。
でも歳とった方ならともかく我が子ががんになったら…と考えると「なんとしても治療をしてあげたい」「病気をなおしてあげたい」と思うのは親ごころです。
身近にがんの患者さんがいなくてもがんの恐ろしさはTV・雑誌からでも知ります。
そこでもう少し真剣に考えて保険を見直す事を考えてみませんか・もちろん今の保険にがん保険がついている方も多いと思いますが、保険料を安く、それでいて内容は一緒・いえそれ以上になる事があります。
いくつかの保険を比べる事も良いかもしれませんね。

主婦の意見

保険会社に勤めているわけでもなく、ただの平凡な主婦の意見ですがお話を続けます。
若い方と中年の方。
そして年配の方とで保険の入り方は違います。
それでいいと思います。
最近ではネットで保険の相談が手軽に出来ます。
若い方は何の気兼ねもなく相談が出来るので良いですね。
会社から勧められて入る方もいます。
団体割引があるのもうれしいですね。
昔から聞く、保険のおばちゃん。
お話好きな方、年配の方には一番安心できるかもしれません。
ちょっと煩わしいのは「保険料が高いので他の会社に移したい」というときは本当に困ります。
また最近では働く女性も多いので、家で長話はちょっと…と思われる方も多いです。
それでも年配の方にとって、一番相談しやすいのが保険のおばちゃんです。
まだまだネットは使いこなせないし、歳とって保険証券がどこに置いてあるのかもわからなくなった時、夜でもいつでも親しい保険のおばちゃんの家に電話したらすぐ来てくれた。
と言う話もよく聞きます。
保険料が高いけれど「安心を買う」がその保険料の中に上乗せされているのです。
一人暮らしになり、相談できる人が少なくなった方は信頼できる保険のおばっちゃんは大事な家族の一員と言ってもいいかもしれません。

新着おすすめ